「ほっ」と。キャンペーン

立山へ Ⅲ

c0073152_21593250.jpg

滝見台からの称名の滝。
やっぱり、間近から見る方が迫力があるね。

20数年前の雪の立山じゃなくて 始めて見る紅葉の立山。
それはそれは 圧巻の風景です。
広さと大きさ。そして何か優しいものに包み込まれるような感じ・・。
何かわからないけど、毎日のストレスがすーと抜けていくような・・いやなことがふっと飛んで行って、心が柔らかくなる感じ。
20数年前はこんな感じがなかったような気がする。子供も居たしたくさんの人数で行ったので、感じてる暇もなかったのか? 若かったから?
室堂に着いて 急に雄山に上がってみたくなった。
以前、雄山に上がった時は風が強すぎてやっとの思いで上がった長男と雄山神社にしがみついて記念写真を撮って景色も見ないで降りてきた。涙が出そうなくらい怖かった事だけが心の奥にある。
おさんは下の子と上がったので途中で断念して下山。
普段運動もしなくなった私の体力で上がれるのか?
宿泊先のみくりが池温泉のスタッフと相談して、上がることになった。
お昼だったので、夕方には下山できる計算。

雪の無い立山・・・こんなんだあ・・・・・・・♪
みどりが池は雪に覆われていたので見たことがなかった。
c0073152_2241760.jpg

登山道の脇はこんなに溶岩がごろごろしてたんだあ・・。
c0073152_22425281.jpg

この場所って子供たちとソリ遊びをした場所だったような♪ 記憶の扉が急に開き遊んだ頃が鮮明に思い出される。
子供たちの笑顔が見える♪
下の子は5月6日が誕生日だったので内緒でケーキを買って一の越でお誕生日を祝った。
私たちからのとっておきのプレゼントだと思ったのに、子供から 「こんなしんどいお誕生日は最悪や!」って言われてしまった^^;
言われた私たちも ちょっと最悪!
そんなこんなの子育て時代。バタバタだったけど楽しかったなあ。。。
色々なことを思い出しながら、黙々と歩く。
私たちの後には 上がる人が誰もいないことも心配だったから、必死に上がった。
一の越からの風景。 この写真では確認できないけど御岳山の噴煙も見えました。
c0073152_22553546.jpg


さあ、あがるぞーーーーーー!!
c0073152_231925.jpg

気合いだ!!
それにしても・・・こんなにきつい斜面だったか・・・?
c0073152_2333893.jpg

空気が薄いので息が上がる。休憩しながらゆっくり上がる。
c0073152_2391653.jpg

それにしても暑い!
山の上は寒いだろうと防寒着を用意したが何もいらなかった。
室堂で汲んだお水が一番の元気の源となった。
c0073152_23125451.jpg

あと少し。
降りて来る人に、挨拶を交わし、しんどーい!って言うと
みんな「頑張って! 最高の景色が待ってるよっ♪」て返事が返ってくる。
知らない人との会話も良いものです。
若い人たちもいっぱい喋ってくれます。。。黙って若さ吸収!♪♪♪ ^m^)v
c0073152_23325819.jpg

つづきはまた今度。
[PR]
by uramoon1 | 2014-10-16 23:17 | 日常 | Comments(0)