愛宕登山

姪っ子が誘ってくれた京都の名峰 愛宕登山。
出発は清滝から表参道で。
この日は偶然にも蜂ヶ丘中学の学校行事で愛宕さんマラソン!?みんな走って上がったのでそんな風に見えましたが、登山らしいです。
そんなイキのいい子たちに元気をもらいながら、お姉さんと還暦ばばぁはひっきりなしに喋りながら、歩きはとぼとぼ・・・まあ、元気をもらいましたがW
途中、
びっくり!!!

c0073152_15290041.jpg

先の台風21号の被害のようです。大杉社です。
9月に行った時は、少しくたびれてはいましたが、確かにありました。↓
c0073152_16100628.jpg
c0073152_16215359.jpg
大きなご神体が倒れるなんて!!
どんな酷い風だったんでしょう・・・。(これは後程、驚きの展開がありました)
確かに、我が家もかなり揺れて怖かったのは事実ですが、驚いたのはこれが最初。
後から、後から何本も大きな木が倒れていて恐ろしい光景に驚きの連続でした。

c0073152_16255316.jpg
c0073152_16274678.jpg
本当に、大きな木が根こそぎ倒れていて、自然って怖いんだなあ・・と自然の威力に圧倒されました。
倒れた木の根っこはどれも大人の身長ほどもありましたよWWW
自然とは怖いものと心に刻みましたが、やっぱり自然って綺麗でした。
朝日を浴びる清滝川。

c0073152_16340831.jpg
登山のしんどさを忘れさてくれる美しい紅葉。
c0073152_16360380.jpg
本殿までこの木漏れ日の中を歩きます。
c0073152_16372014.jpg
c0073152_16384314.jpg
c0073152_16415439.jpg
お昼は12時頃には愛宕神社に到着。
やはり紅葉は真っ盛り♪

c0073152_16450604.jpg

c0073152_16455325.jpg

c0073152_16462971.jpg

12時には中学生の登山も終わり、平日だったせいもあり本殿周囲の参拝者は私たち以外に2人だけとなってひっそりしていました。
9月に夫さんと登った時は私たちの本殿到着が遅かったので(15時半参拝)、神主さんも帰られてて誰もお参りする人も居なくて 
しーーーーーーーーーん
としてました。
今日も静かでお参りにはとても良い雰囲気でした。
お参りを済ませ、御朱印をお願いして、火の用心のお札をいただいて、神主さんとおしゃべり。
この時、衝撃の事実判明!!
愛宕神社の神主さんは夜はどうされているんだろうと思っていましたが、一週間ごとで交代で 何と!台風の来たあの日は御朱印を書いて下さった神主さんが社務所で一人過ごしたんですって!!!
神主さんは一週間ごとに交代と言う事実にもびっくりしましたが、その神主さんが、台風の日を過ごされて、私たちがお参りしたその日にも当番で、その神主さんとお話ができる、そんな展開になるなんて本当にミラクル!不思議なご縁です。
きっと、良いことがありそうな気分ですが、神主さんは台風の日、ゴーゴーと吹き荒れる風の音と木の倒れる音とで怖くて寝られなかったんですって!
「社務所にも木が倒れたんだけど少しかすめる程度ではありましたが修理は必要なんです。早く修理を済ませないと寒くなるし・・」との事でした。
それにしても、あんなに大きな木がバタバタ倒れてるのに、社務所が少し壊れてだけなんて、やっぱり神様がいらっしゃるんでしょうかね。
神主さん、淡々とお話をして下さったのですが怖かったでしょうね。
そして、神主さんから「Twitterを始めたんです。良かったら記念に写真を如何ですか?」って♪
そう言われたら、写真撮っていただきましょうか?
Twitterはしてませんけど^^;
c0073152_17083609.jpg
二人とも大切な御朱印帳を持っての記念写真です。
Twitter映えのする良いお写真です♪

もう一つ、知らなかった大切な事実がありました。
お札を売ってる所に軍艦のプラモデルがあったり、写真があったりと神社には関係ないのでは?と私には納得のいかない光景があり、訪ねると「これは戦争で使われた日本海軍の重巡洋艦の『あたご』なんです。『あたご』の名前はこの京都の愛宕さんから名前をとっているんです。船の中にも社がありました。また、今も護衛艦『あたご』は舞鶴で活躍していますね」「戦争中は『あたご』の乗組員やその家族は沢山お参りをされていたということです。また、現在の『あたご』のご家族様もお参りがあります」などと私たちの知らない事を沢山お話しして下さいました。
『あたご』の最期の事やご家族のお気持ちなどに思いを寄せながらお話を聞き心が引き締まる思いでした。
こんなお話が聞けるなんて、今日と言う日の運命的ご縁を感じ、最高に良いお参りが出来ました。
感謝ですね。
これから、愛宕さんをお参りする時は、戦争で亡くなられた方たちの事も思いながらお参りしますね。
c0073152_21145073.jpeg



[PR]
by uramoon1 | 2017-11-10 16:51 | Comments(0)