愛宕山

9月の終わりに愛宕さんに行って、投稿を試みましたが途中でき・え・た!事件。
すっかり、凹んでましたが下書き保存に残っていました。
ラッキー!
立山に行く前に靴の慣らしに上がったもので、愛宕山には約25~6年ぶりの登山でした。




9月の終わりの日曜日
新しい靴を買ってから、歩いてなかったので 何と25年ぶりくらいに、京都の名峰 愛宕山に登ってきました。
と言っても、お昼から・・・汗。
出来るだけ早くと思っていたものの、車の不調!! あり得ないトラブルもあって ひき返してバイクで出発。時間は30分もロス!
帰りが遅くなれば、暗くもなるので、愛宕山と言えども遭難の二文字も頭をよぎり、急がなければ‼︎と、時間的スリルも味わいながら、楽しく登りたいと・・・思ったのですが、これが何と、年齢と共に、しんどいことったらありゃしない^_^;

清滝に着いた時は、バイクもいっぱいあり、隣のおじ様から「道が滑るし 気ぃつけや」って 言葉をかけていただき、久し振りの道を上がる。
c0073152_16064493.jpeg
c0073152_16074521.jpeg
ほぼ、この感じの勾配の坂道を進みます。
出発時間は PM13:30。
まだ 後から登って来られる人もあって、ホッとした途端、すいっと抜かしてズンズン上がっていかれる 汗,汗。写真は必死で上がる 夫さん。
c0073152_16110973.jpeg


この時はまだ余裕もあって、写真撮ったりしてましたが、だんだん足首の外側に靴が当たって痛い。
ふくらはぎも痛い。。。
でも、証拠写真も撮っとかんと・・・
c0073152_17222687.jpeg
c0073152_23443782.jpg
c0073152_23445818.jpg
c0073152_17233775.jpeg
で、途中五合目で少し休憩して、本殿についたのは3時半。
2時間かかった。まあまあの時間。
社務所に着いた時(15時過ぎ)、神主さんがとすれ違ったf^_^;
悪い予感は当たってて、火の用心のお札は買えなかった。
しんどい、そして痛い思いをしてせっかくここまで来たのに・・・
本殿の売店 みんな閉まってて、お札購入は次回(次回の登山は無いかも^_^;)となりました。
標高924メートルの愛宕さんですが、木が茂ってて木漏れ日はいい感じです。
しかし、本殿からの景色は何も見えません。
c0073152_17365878.jpeg
中腹あたりで 見える景色。此処だけが市内を見渡せる場所です。
上で30分ほど休憩と言うか 昼食を食べてなかったので 持って行ったパンを頬張って下山開始。16時。
c0073152_17383008.jpeg
市内から向日市あたりまで見えます。
山並みも綺麗です。
c0073152_17392871.jpeg
c0073152_23325685.jpg
写真を撮ってる時はいいのですが、靴が当たる足首が痛い。
買う時はわからなかったのですが、歩いてみて初めて分かった新事実。
内出血するほどの痛み…>_<…
靴を買ったお店に持って行ったら、重心が外に・・・ですって。
o脚!!!Σ(゚д゚lll)
膝が痛くなる傾向という事です。ガーーーーン((((;゚Д゚)))))))な感じです。
昨年も立山の後は1ヶ月も膝に違和感があった。
今日もなんだかやばい感じがするけど、足首の痛さよりマシ。
まあ、赤信号が分かって良かった。と、思う事にして4800円もする矯正用の靴の中敷を敷く事にして…>_<…
自分の弱い部分が分かって良かった事にしよう。
痛い痛い足で、おっさんに待ってもらいながら 降りた時間は17時40分。
足が痛く、下山にしては時間がかかったなあ^^;
上がる時はたくさんの下山者と挨拶を交わしたけど、私たちが降りる時はこの時間なので上がって来る人ゼロ!!! 降りる人は二人いらっしゃいましたが みんな私たちを追い抜いて下山されました。追い越されて、老夫婦二人だけ取り残されて ちょっと不安な道中でもありました。f^_^;
山に行く人は 此処でトレーニングされるそうですが、この日すれ違った人も きっとそんな人なんですね。
みなさん健脚者ばかりでした。
こんなに痛いのに立山縦走はどうなる事か心配が残る。。。
必死で降りて、バイクをおいた場所に帰った時は、ひっそりとしてて、たくさんあったバイクも私達だけのになってました。
バイクさん待っててくれて有難うね(⌒▽⌒)
c0073152_19554129.jpeg
アルちゃんが待っててくれてるので急いで帰りましょう🎶
c0073152_19562041.jpeg



[PR]
by uramoon1 | 2017-11-15 16:42 | 日常 | Comments(0)