お久しぶりの投稿です^^;
姪っ子と行った愛宕さんの続き…もう、いらんやん?と言うことですが、楽しかったのでさらっと記録しときます^^;
熊(リス)騒動?の三等三角点を後に、降る、降る、降る。
途中、写真撮りまくり^^; 余裕のポーズも ^^)V
c0073152_15043866.jpg

c0073152_16273894.jpg
↓ 月輪寺が見えてきた。(写真は11・19日に夫と行った時の物。11・7日の紅葉はもっときれいでした)
c0073152_16493601.jpg
下りて、月輪寺。15時10分。
秘境のお寺の雰囲気が漂う古い古いお寺でした。
c0073152_15090354.jpg

予定より30分遅いけど・・三角点に辿り着く時、道に迷ったから^^;
でも、三角点から駐車場まで2時間の予定だったので駐車場が閉まる17時までには30分残して到着のはず。
余裕。
c0073152_15131959.jpg
お参りを済ませて、御朱印をいただいて、出発!
と思いきや、受付には誰もいらっしゃらない(汗)
人の気配はあるけど・・と写真を撮りながらうろうろしているといらっしゃいました!
用事中でしたので、御朱印を丁重にお願いしたところ「今日は誰もいらっしゃらないのでさっき閉めたところです」
との事。
そして、続く。
「いつもは15時半までは開けとくんですけどね」
「今日は、通られる方が少なく2~3人だけだったんです」  ・・・はぁ・・まあ、平日やしなぁ・・・しゃぁないなあ・・。 ↼ 心の声。
「なので、さっき閉めたんです」  ・・・いやいや・・受付の戸は開いてるじゃんw ↼ 心の声。
「さっき、閉めたので朱の色を足したんです」  はあ・・? ↼ 心の声。
「今、朱の色を押したらべたべたになるんですけど」  はあ・・まあ、、しゃぁないなあ^^;・・。 ↼ 心の声。
でっ?っていう表情をしたら
「明日のために朱の色を足したので、朱印帳に赤の色が付くんですよ」・・・・・!?
「それでも良かったら書きますけど^^;」 ・・・・・はい、仕方ないので良いですょ。 ↼ 心の声。 
「赤が付きますよ!いいんですね!」・・・そんなに念を押してもったいぶらなくてもwwwww 怒ってるの? ↼ 心の声。
住職様の想定外に遅く来た訪問者みたいで(私たちは予定通り)わがままは言えないし、言うつもりもないし、こんな秘境の場所にはめったに来ることも出来ないし、更に丁重にお願いをして書いていただいたのがこれ。
c0073152_16574202.jpg
とても力強いかっこいい字です。
受付の字より元気が良く・・怒って書いたのか!?とも思えるが・・書く人が違うと言うことですよね。
私はこれくらい力強い字が好きです。元気が出ますからね^^)V
姪っ子と深々とお辞儀をしてお礼を述べてると・・・住職様からのお言葉が続きました。
「これから清滝に帰られるんですか?」・・・そうです。駐車場に車があります。
「早く帰ってくださいね」 ・・・ご心配ありがとうございます。m(--)m
「夏と違って日が落ちるは早いし、山道は暗くなりますから」 ・・分かってるって、子供と違うし。 ↼ 心の声。
「真っ暗になるのが早いですから」
「バスが出たら帰れなくなるし、17時には駐車場が閉まりますからね」 ・・・はーい。 ↼ 心の声。
「それまでに帰られなければ遭難と言うことになりますので大変な事になりますから」 ・・はいはい、帰ります。↼ 心の声。 
「くれぐれも早く帰るように」 ・・・はーい。  ありがとうございます。
「早く帰って下さいね」・・・念を押される^^;




出発 15時30分。 ほっ。。。。。

姪っ子が
あれは、心配して下さったんやね。 苦笑
目も合わさず喋らはったけど、女二人の私たちにはありがたい言葉って思わんとあかんのやね! 苦笑
予想外やったからびっくりしはったんかなあW 苦笑
きっとめんどくさかったん? 苦笑
何で目も合わさず喋らはったんやろうWW 苦笑
御朱印目的で軽い気持ちで来たと思われたんかなあ・・苦笑
朱印がべたべたになるって・・・あんなに念を押すことなん? 苦笑
早く帰れって、帰ってほしかったらあんな何度も何度も言わなくていいのにwww 苦笑
私らの顔を見てはらへんかったなぁwww苦笑
 
ご住職のお言葉に有難いような、有難迷惑wwwwwのような・・・
いやいや、ものすごく心配して下さってありがとうございます。
そう思うことにしようと 心からの御忠告(⋈◍>◡<◍)。✧♡ 
と、言うことで感謝、感謝。
心に余裕のある私たちは全てを受け入れ ^^)V 有難く心に刻み、下山しました。
c0073152_18280650.jpg

c0073152_18245170.jpg

c0073152_18261007.jpg
                    上↑ 空也の滝に行く道だったようですが、気が付きませんでした^^;
                       急いでたので。^^;
c0073152_18251301.jpg

c0073152_18253032.jpg
紅葉は見頃の季節で、とても癒される風景でした。
ただ、平日は本当に人が少なく、月輪寺に降りる人は少なくご住職様のご心配は 当然かなあと。
山を歩くときは 注意しないとね。
愛宕さんは、気楽に行ける山でありながら遭難されることもあるのも事実の山です。
良い勉強になりました。

楽しい、山歩きでした(⋈◍>◡<◍)。✧♡
本当だよ^^)
清滝駐車場 到着 16時20分。

おっさんにお土産話 いっぱいだよ♪

[PR]
by uramoon1 | 2017-11-29 18:39 | Comments(0)

愛宕山

9月の終わりに愛宕さんに行って、投稿を試みましたが途中でき・え・た!事件。
すっかり、凹んでましたが下書き保存に残っていました。
ラッキー!
立山に行く前に靴の慣らしに上がったもので、愛宕山には約25~6年ぶりの登山でした。




9月の終わりの日曜日
新しい靴を買ってから、歩いてなかったので 何と25年ぶりくらいに、京都の名峰 愛宕山に登ってきました。
と言っても、お昼から・・・汗。
出来るだけ早くと思っていたものの、車の不調!! あり得ないトラブルもあって ひき返してバイクで出発。時間は30分もロス!
帰りが遅くなれば、暗くもなるので、愛宕山と言えども遭難の二文字も頭をよぎり、急がなければ‼︎と、時間的スリルも味わいながら、楽しく登りたいと・・・思ったのですが、これが何と、年齢と共に、しんどいことったらありゃしない^_^;

清滝に着いた時は、バイクもいっぱいあり、隣のおじ様から「道が滑るし 気ぃつけや」って 言葉をかけていただき、久し振りの道を上がる。
c0073152_16064493.jpeg
c0073152_16074521.jpeg
ほぼ、この感じの勾配の坂道を進みます。
出発時間は PM13:30。
まだ 後から登って来られる人もあって、ホッとした途端、すいっと抜かしてズンズン上がっていかれる 汗,汗。写真は必死で上がる 夫さん。
c0073152_16110973.jpeg


この時はまだ余裕もあって、写真撮ったりしてましたが、だんだん足首の外側に靴が当たって痛い。
ふくらはぎも痛い。。。
でも、証拠写真も撮っとかんと・・・
c0073152_17222687.jpeg
c0073152_23443782.jpg
c0073152_23445818.jpg
c0073152_17233775.jpeg
で、途中五合目で少し休憩して、本殿についたのは3時半。
2時間かかった。まあまあの時間。
社務所に着いた時(15時過ぎ)、神主さんがとすれ違ったf^_^;
悪い予感は当たってて、火の用心のお札は買えなかった。
しんどい、そして痛い思いをしてせっかくここまで来たのに・・・
本殿の売店 みんな閉まってて、お札購入は次回(次回の登山は無いかも^_^;)となりました。
標高924メートルの愛宕さんですが、木が茂ってて木漏れ日はいい感じです。
しかし、本殿からの景色は何も見えません。
c0073152_17365878.jpeg
中腹あたりで 見える景色。此処だけが市内を見渡せる場所です。
上で30分ほど休憩と言うか 昼食を食べてなかったので 持って行ったパンを頬張って下山開始。16時。
c0073152_17383008.jpeg
市内から向日市あたりまで見えます。
山並みも綺麗です。
c0073152_17392871.jpeg
c0073152_23325685.jpg
写真を撮ってる時はいいのですが、靴が当たる足首が痛い。
買う時はわからなかったのですが、歩いてみて初めて分かった新事実。
内出血するほどの痛み…>_<…
靴を買ったお店に持って行ったら、重心が外に・・・ですって。
o脚!!!Σ(゚д゚lll)
膝が痛くなる傾向という事です。ガーーーーン((((;゚Д゚)))))))な感じです。
昨年も立山の後は1ヶ月も膝に違和感があった。
今日もなんだかやばい感じがするけど、足首の痛さよりマシ。
まあ、赤信号が分かって良かった。と、思う事にして4800円もする矯正用の靴の中敷を敷く事にして…>_<…
自分の弱い部分が分かって良かった事にしよう。
痛い痛い足で、おっさんに待ってもらいながら 降りた時間は17時40分。
足が痛く、下山にしては時間がかかったなあ^^;
上がる時はたくさんの下山者と挨拶を交わしたけど、私たちが降りる時はこの時間なので上がって来る人ゼロ!!! 降りる人は二人いらっしゃいましたが みんな私たちを追い抜いて下山されました。追い越されて、老夫婦二人だけ取り残されて ちょっと不安な道中でもありました。f^_^;
山に行く人は 此処でトレーニングされるそうですが、この日すれ違った人も きっとそんな人なんですね。
みなさん健脚者ばかりでした。
こんなに痛いのに立山縦走はどうなる事か心配が残る。。。
必死で降りて、バイクをおいた場所に帰った時は、ひっそりとしてて、たくさんあったバイクも私達だけのになってました。
バイクさん待っててくれて有難うね(⌒▽⌒)
c0073152_19554129.jpeg
アルちゃんが待っててくれてるので急いで帰りましょう🎶
c0073152_19562041.jpeg



[PR]
by uramoon1 | 2017-11-15 16:42 | 日常 | Comments(0)

愛宕さんの続き

投稿、頑張ってたのに、消えてしまった。
気を取り直して再チャレンジ!
出来るかな。。。。。。

愛宕さんの続き。 まだあるねん^^;
本殿にお参りして、御朱印をいただいて目的の愛宕さんの頂上、三等三角点へ行く予定。
と言っても行ったことないし どんな所かも知らなかったので、やさしい神主さんにお聞きして地図までいただいて出発。
c0073152_12554415.jpg
本殿周辺は市内の景色も全く見えなかったけど、少し登ったら、景色よし!!
愛宕さんからの景色 良いよって聞いたことがあるけど「ウソやん!」って思てたけど、ごめんなさい。
市内の景色も山並みの景色も良かったです。
c0073152_16545224.jpg


味のある道です。
c0073152_16560703.jpg
30分近く歩いて、頂上らしき場所はあるが道らしいものがないし、先へ進む。
が!!!
これ間違ってる。行き過ぎてる!! この景色、この山、あかんわぁ^^;
c0073152_18255041.jpg
慌てて引き返す。
もう、13時過ぎていて、おなか空いてフラフラ。
思考能力すらなかったのか、判断力も低下していたね^^;
やっぱり、あの場所。写真は一緒に行った姪っ子の物です。
c0073152_16552221.jpg
地図の道は大きな道だけど・・実際は獣道か山作業をされる人が歩くような道。。とも言えないような道。
分かりにくかったなあ・・ここを右に行くんだったのか。
2分ほど登って・・お腹すいてたので早く食事をしたくて必死で登った^^;・・到着!!
c0073152_10550682.jpg
c0073152_11014912.jpg
頂上からの市内の一部。
少しスモークのかかった景色ですが、大阪まで見渡せるそうです。
c0073152_17044156.jpg

ここで待ちに待った昼食。
おなかペッコペコ!!!
c0073152_11003683.jpg

これプラス、マロンのロールケーキ♪ナッツ♪ 美味でした(^^♪
姪っ子の入れてくれたコーヒー美味しかった(^^♪(^^♪
食事を始めた頃、事件!!!
 カサカサ、カサカサッ!!カサカサカサッ!!!
音が近づいて来るwwwwwww
!?

鹿!?
熊!?
変態人間!?
やばっ!!
こっちは若い ☚ここ重要 女性二人WWWW
逃げる!?
持ってる物で大きな音を出して威嚇!?
死んだふりをする!?
どうするのよWWW
持ってるものは私のスティック2本。
あてにならん。
どうするWWW
薄っぺらい頭でも一応高速回転で回る。
どうする!?やばいよやばいよ!!
その時姪っ子が
おばちゃん!リス!!!
(⋈◍>◡<◍)。✧♡
カサカサカサWWwww
見たよ!
見た! フサフサのしっぽ!
顔はよく見えなかったので可愛かったかどうかは不明だけど
ササっと木に登って
姪っ子の声にびっくりしてまた逃げて行ったwww
一瞬やったけど野生のリスを見たのは人生初!
なんと言うサプライズ!
なんと言う緊張!

あれだけ緊張したのに‥いや緊張しすぎてたのかどうだかわからないけど、なぜか二人ともカップヌードルはしっかり左手にくっついていた。
食べ物大事wwwww
緊張から解き放されて持ってるカップヌードルを見て二人で大笑いして
食べ物をお腹に入れてまた笑う。
お腹がいっぱいになって、元気になって、下山。
下山は、これまた初めてのコース。
月の輪寺に向かって進む。
c0073152_10552485.jpg
c0073152_11011705.jpg
c0073152_11053161.jpg
c0073152_11040820.jpg
表参道と違って道は狭いけど尾根道を歩く気持ちのいいコースでした。

落ち葉もいっぱいでふわふわで足にも優しい道をひっきりなしに喋って喋って喋って・・・延々としゃべりながら。
続きはまた今度。

まだ続きがあるんかいw





[PR]
by uramoon1 | 2017-11-14 22:34 | Comments(0)

消えた

消えた。
せっかく頑張ってたのに。
c0073152_10500507.jpg



[PR]
by uramoon1 | 2017-11-14 11:36 | Comments(0)

愛宕登山

姪っ子が誘ってくれた京都の名峰 愛宕登山。
出発は清滝から表参道で。
この日は偶然にも蜂ヶ丘中学の学校行事で愛宕さんマラソン!?みんな走って上がったのでそんな風に見えましたが、登山らしいです。
そんなイキのいい子たちに元気をもらいながら、お姉さんと還暦ばばぁはひっきりなしに喋りながら、歩きはとぼとぼ・・・まあ、元気をもらいましたがW
途中、
びっくり!!!

c0073152_15290041.jpg

先の台風21号の被害のようです。大杉社です。
9月に行った時は、少しくたびれてはいましたが、確かにありました。↓
c0073152_16100628.jpg
c0073152_16215359.jpg
大きなご神体が倒れるなんて!!
どんな酷い風だったんでしょう・・・。(これは後程、驚きの展開がありました)
確かに、我が家もかなり揺れて怖かったのは事実ですが、驚いたのはこれが最初。
後から、後から何本も大きな木が倒れていて恐ろしい光景に驚きの連続でした。

c0073152_16255316.jpg
c0073152_16274678.jpg
本当に、大きな木が根こそぎ倒れていて、自然って怖いんだなあ・・と自然の威力に圧倒されました。
倒れた木の根っこはどれも大人の身長ほどもありましたよWWW
自然とは怖いものと心に刻みましたが、やっぱり自然って綺麗でした。
朝日を浴びる清滝川。

c0073152_16340831.jpg
登山のしんどさを忘れさてくれる美しい紅葉。
c0073152_16360380.jpg
本殿までこの木漏れ日の中を歩きます。
c0073152_16372014.jpg
c0073152_16384314.jpg
c0073152_16415439.jpg
お昼は12時頃には愛宕神社に到着。
やはり紅葉は真っ盛り♪

c0073152_16450604.jpg

c0073152_16455325.jpg

c0073152_16462971.jpg

12時には中学生の登山も終わり、平日だったせいもあり本殿周囲の参拝者は私たち以外に2人だけとなってひっそりしていました。
9月に夫さんと登った時は私たちの本殿到着が遅かったので(15時半参拝)、神主さんも帰られてて誰もお参りする人も居なくて 
しーーーーーーーーーん
としてました。
今日も静かでお参りにはとても良い雰囲気でした。
お参りを済ませ、御朱印をお願いして、火の用心のお札をいただいて、神主さんとおしゃべり。
この時、衝撃の事実判明!!
愛宕神社の神主さんは夜はどうされているんだろうと思っていましたが、一週間ごとで交代で 何と!台風の来たあの日は御朱印を書いて下さった神主さんが社務所で一人過ごしたんですって!!!
神主さんは一週間ごとに交代と言う事実にもびっくりしましたが、その神主さんが、台風の日を過ごされて、私たちがお参りしたその日にも当番で、その神主さんとお話ができる、そんな展開になるなんて本当にミラクル!不思議なご縁です。
きっと、良いことがありそうな気分ですが、神主さんは台風の日、ゴーゴーと吹き荒れる風の音と木の倒れる音とで怖くて寝られなかったんですって!
「社務所にも木が倒れたんだけど少しかすめる程度ではありましたが修理は必要なんです。早く修理を済ませないと寒くなるし・・」との事でした。
それにしても、あんなに大きな木がバタバタ倒れてるのに、社務所が少し壊れてだけなんて、やっぱり神様がいらっしゃるんでしょうかね。
神主さん、淡々とお話をして下さったのですが怖かったでしょうね。
そして、神主さんから「Twitterを始めたんです。良かったら記念に写真を如何ですか?」って♪
そう言われたら、写真撮っていただきましょうか?
Twitterはしてませんけど^^;
c0073152_17083609.jpg
二人とも大切な御朱印帳を持っての記念写真です。
Twitter映えのする良いお写真です♪

もう一つ、知らなかった大切な事実がありました。
お札を売ってる所に軍艦のプラモデルがあったり、写真があったりと神社には関係ないのでは?と私には納得のいかない光景があり、訪ねると「これは戦争で使われた日本海軍の重巡洋艦の『あたご』なんです。『あたご』の名前はこの京都の愛宕さんから名前をとっているんです。船の中にも社がありました。また、今も護衛艦『あたご』は舞鶴で活躍していますね」「戦争中は『あたご』の乗組員やその家族は沢山お参りをされていたということです。また、現在の『あたご』のご家族様もお参りがあります」などと私たちの知らない事を沢山お話しして下さいました。
『あたご』の最期の事やご家族のお気持ちなどに思いを寄せながらお話を聞き心が引き締まる思いでした。
こんなお話が聞けるなんて、今日と言う日の運命的ご縁を感じ、最高に良いお参りが出来ました。
感謝ですね。
これから、愛宕さんをお参りする時は、戦争で亡くなられた方たちの事も思いながらお参りしますね。
c0073152_21145073.jpeg



[PR]
by uramoon1 | 2017-11-10 16:51 | Comments(0)

御朱印帳スタート!

c0073152_14204738.jpg

先日の日曜日、おっさんと京都迎賓館の見学(クラブツーリズムの半日旅行)に参加し、愛宕の間での一枚。
館内の、何をとっても全てが超!立派な芸術品。
とは言え、派手すぎもしない、主張もしすぎない。すべてが凛としている。
上品とはこういうものなんだと、上品という定義を再確認したような日でした。
絶対にないけど^^)・・これが我が家なら、アルは飼えなかったな。
c0073152_15171925.jpg

お上品とは縁遠いのに、記念に飼ったものは…いや・・買った物は御朱印帳。
一冊 3200円!!
c0073152_15425824.jpg

御朱印なんて、全く興味なかったのに「迎賓館限定」のフレーズに心が動いてしまった。。。いけないね^^;)
これ、どうしよう…と思いながら次に行った場所は御所の西にある足腰の神様の護王神社。
そこで、添乗員さんが「御朱印の必要な方はありませんか!?」って声をかけて下さって、とっさに手を挙げた私^^;
何も考えず・・とりあえず、買ったからお願いしようと。。。
これもご縁があっての事。
集めるとしたら、足腰の神様から・・時々膝の痛い私にはぴったりかな?
c0073152_18081016.jpg

家に帰って、そう言えば姪っ子が富士山に行った時、御朱印帳を用意した事を思い出し、高額御朱印帳を自慢しようとラインを送ったら返事が来た。
「おばちゃん、愛宕山に登りたい」「立山縦走以来 登山ロスやねん」ときた。
「急だけど、7日に」と言うことになり、でこぼこコンビでお参りすることに。
何せ、無職の私は毎日日曜日だから、持ち時間はたっぷり!!
でも、お参りと言っても、登山^^;きついんだこれが。
9月の終わりに夫さんとお参りして以来。
5日には、クラブツーリズムの集合場所まで円町から烏丸今出川まで歩いて、6日はジムに行って、7日は愛宕さん。。。
ちょっときついかな・・・。膝は大丈夫かな・・?
と心配しながらも、登山計画・・お参り計画は、清滝から表参道で愛宕さんにお参りして、御朱印を貰って⇒3等三角点(昼食)⇒月輪寺で御朱印を貰って⇒清滝。
朝、9時半出発16時半までには清滝に帰って来る計算。

と、言うことで御朱印をいただく大人の遠足が始まりました。
いただいた、御朱印がこれ。
c0073152_18082966.jpg

何か縁があってスタートした事なので、健康のため無理せず、少しずつ始めたいと思います。
大人の趣味。





[PR]
by uramoon1 | 2017-11-08 15:17 | Comments(0)

やられたぁ!!!

体当たりで お母さん遊ぼぉよぉっ!!

バキッ!
((((;゚Д゚)))))))
c0073152_20505078.jpeg

おれた! 泣くWWW


以前はベッドで読書用のメガネを踏まれてこれ。
c0073152_20561654.jpeg


直してもらったけど、鼻パッドは無いまま。
在庫もありませんって!
我慢して使ってたけど、今日から使わなきゃいけないし
今日のイケメン店員さんにパッドが無いから使いにくいと言ったら、全く違う鼻パットを メガネに合わせてちゃんと付けてくれた。
良い人です♡♡♡
かけ心地 良くなりました♪
c0073152_21024742.jpeg
直るまで、これを使います。

体当たりされないよう、気をつけなくては(⌒-⌒; )
犯人は
c0073152_21062907.jpeg
お母さん また遊ぼうね!
;^_^A

[PR]
by uramoon1 | 2017-11-04 21:08